困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

農地売却で必ず役立つことと石垣島プロジェクト

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、農地売却で必ず役立つものについて。

当社には日々、「地元不動産会社に相談しても売れないと言われてしまった農地を何とか手放したい。手伝ってもらえないか?」というご相談が多々あります。

そんな中、ご依頼いただいた静岡県富士宮市の市街化調整区域にある農地と農業用倉庫の売却相談。

販売開始後、インターネット経由でお問い合わせをいただきましたが、農家の方ではないので、農地の購入ができない方でした。

このように市街化調整区域の農地は、問い合わせがあっても、農地法の許可が下りず、買えない方がほとんどなのです…。

だから、市街化調整区域や未線引き区域の農地は売却が難しい…。


それでも当社では、この農地と農業用倉庫の物件について、今日だけで3組のお客様にご見学いただくことができました。

そして、ご購入に向けて前向きに進めていただけることに。

なぜか?

それは、以前、私が富士宮市の市街化調整区域の分家住宅を売却した際の買主様の知り合いの方に農家の方がたくさんいるため。

私がしたこと、それは売却のご相談をいただいてすぐにその方に農地と農業用倉庫の情報をお知らせしたことです。

つまりは、農地売却で必ず役立つこと、それは地元の人脈です!

ユーザー様に感謝、ありがとうございます!


農地を手放したいとお考えのみなさん、農家の方にお知り合いの方はいらっしゃいますか?


今日は、朝からリフレッシュのため、横浜でバスケットボールで汗を流しました。

積水ハウスチームVS三井ホームチームVS我々アザーズチーム。

これでもか、というくらい走りまくりました。

リフレッシュの域を超えるくらいに。苦笑


夕方は関内の不動産鑑定士の先生を訪問。

お客様よりご相談いただいている沖縄県石垣島の土地売却プロジェクトの打ち合わせ。

現地は荒地…。

打ち合わせの趣旨は、価格の妥当性、事業計画全般について。


まだまだ協議事項は、多そうです。

でも、何とか完結してみせます、石垣島プロジェクトを!(^^)