困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

私道を買ってほしい! → 当社がその私道を買わなかった理由

 みなさん、こんばんは。
難あり物件コンサルタントの田中です。


 今回は、当社が私道を購入しなかった理由について。


 本日、関西のとある不動産会社の方よりご連絡をいただきました。

 その内容が「うちの会長が何年も前に住宅地を開発し、私道だけ売却せずに所有し続けています。その会長も高齢となったため、煩わしい私道は売却しておこうという話になりました。その私道は、近隣住民の方が何かにつけて承諾が欲しいと相談に来られ、そのたびにハンコ代をもらっています。結構もらえるますよ、ハンコ代。そのため、リライトさんでその私道を投資目的で買ってもらえませんか?」と…。


 そのご相談についての私の回答は、「『私、当社は承諾が欲しければ、ハンコ代をください。でなければ承諾しません。』なんてことはしたくありません。当社が購入する私道は、あくまで接道で問題を抱えてしまっているもので、その問題がクリアできれば、周りのみんなも喜ぶという私道です。そのため、御社の私道は購入しません。他の会社にご相談してください。」と。
 そんな後ろ指さされそうな仕事はしたくありませんからね。
何ともないことですが、少し気分が晴れました。!(^^)!


 今日の午前中は、先日ご相談いただいた「栃木県那須塩原市百村という地域の115㎡の原野を手放したい」というお客様の売却のご契約でした。
 なんと、売買代金は…、…1円。
 それでも売主様は「手放せたこと」について大変喜ばれていました。
 残念なことに売主様はもともと原野商法で騙されてその土地を買ってしまい、数年前に関西にある不動産会社から広告料を払えば売れると言われ、30万円もその会社に支払ってしまったそうです。
 その関西の不動産会社は簡単な資料のみを売主様に渡したきり、一切連絡がとれなくなってしまったそうです。
原野商法の2次被害に遭ってしまったのですね。
 当社でのご契約後、売主様の歩く姿は軽快でした。
当社としては、完全にボランティアでしたが、そんな日があってもいいなと思う今日この頃です。(笑)