困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

知っておきたい土砂災害の前ぶれと3年長生きするウルトラ生ジュース!

みなさん、こんにちは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、知っておきたい土砂災害の前ぶれについて。

ここ数日、西日本ではゲリラ豪雨により甚大な被害を受けてしまっており、多数の尊い命が失われてしまっています。

ご冥福をお祈りします。


そんな中、今朝は6時前に横浜の自宅を出発し、車で向かったのは静岡県の東伊豆町役場。

その距離、約140km。

まぁまぁの距離です。

東伊豆町役場の前は港。

なんだか、のんびり。


そして、熱川の別荘内の戸建の調査開始。

テンポ良く調査を進めることができ、午前中には役所関係の調査を終えることができました。

そのときに手にしたパンフレットがこちら。

土砂災害警戒情報に関するもの。

そして、その中に土砂災害の前ぶれについての記載がありました。

これは、みなさんにも周知させていただきたいと思います。

土砂災害の前ぶれはこちら。


土石流

・急に川の水が濁り流木が混ざる

・山鳴りがする

・雨が降り続いているのに川の水位が下がる


地すべり

・沢の水や井戸水が濁る

・斜面から水が吹きだす

・地面にひび割れができる


がけ崩れ

・がけから水が湧き出している

・がけから小石がバラバラと落ちる

・がけに亀裂ができる


そして、大雨のときには危険な場所に近寄らないことが大事。

また、予めハザードマップなどで身の回りのどこが安全な場所で、どこが危険な場所なのかを知っておくこともとても大切なことですね。


役所関係の調査の後は、現地調査。

…と、その前に喉が乾いていたので通り道にあった伊豆オレンヂセンターに寄り道。

1杯飲んだら3年長生きする?と書かれていた「ウルトラ生ジュース」を。

そのお味は…、う、うまい、まさにウルトラ!

新鮮かつ、濃厚!!(◎_◎;)

みなさんも、ぜひ一度ご賞味ください。

ちなみに私はこれで一足先に3年長生きを確定させていただきました。笑


続いては、物件の現地調査。

別荘地内は当然、緑がいっぱい。


こちらがその物件。

長年管理されていなかった関係でだいぶ痛んでしまっていました。

建物が建っているところは、道路から低いのですが、現地からは海が遠望できました~!

リフォームはそこそこ必要ですが、趣あるな~。

自分でDIYしたいお客様にもってこい。

近々販売開始します。

内容は…乞うご期待!


汗をかきならがら、虫にビクビクしながら現地調査を終えた私は、本日のお楽しみ、ちょっと遅めのランチ。

伊豆といえば新鮮な魚ですよね?

と、いうことで…。

自分にお疲れ様の意味を込めて、奮発してウニ丼!!!

いや~、やっぱり伊豆魚介類はうまいですね~、新鮮ですね~。

さすが、伊豆!

疲れがふっとんじゃいました~!笑


明日は、管理会社との打ち合わせです。

さ、温泉入って、明日もがんばろっ。 (^^)