困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

こ、こんなにもあるの、いらない不動産が…?

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、お客様の売却と言うより、譲渡のご相談。

このままでは親戚が所有している使わなくても年間40万円かかってしまう別荘を相続しなければならない、残置物がたくさんある空家をタダでもいいから手放したい、相続した房総半島にある空家を誰かにあげたい、などなど。


ポイントは、みなさん「タダでもいいから手放したい」と言うこと。


世の中には、たくさんいらっしゃいます、とにかく不動産を手放したいとい方が。


都心では地価が上昇しているのに、地方では…大幅に下落。

一部では値段がつかなくなっている…。


不動産=買うもの → 不動産=もらうもの


地価の二極化が顕著に。

今日は、銀座で弁護士の先生と打ち合わせ。

最近、当社には「ホームページを見ました」と弁護士の先生やさまざまな不動産会社の方より不動産についてのご相談をいただきます。

その内容は…十人十色。

それでも当社にご相談いただく案件は、他社さんに断られてしまった難あり案件が多い傾向。


ちなみに今日だけで地方の不動産の売却と言うより、処分したいと言うご相談が4件。

昨日は、3件。

これでは、私の体がいくつあっても足りません…。苦笑

でも、忙しさに負けず、頑張ります!(^^)