困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

マンションを水面下で売却した結果、驚愕の高値での売却に成功!

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、入札でのマンション売却について。

先日保険会社の方よりご紹介いただいたお客様は、相続でマンションを取得された方でした。

お客様は、そのマンションに住む予定もなく、資金をだしてリフォームし、賃貸することもお考えではありませんでした。

最終的には、売却の方向で進んだのですが、一緒に打ち合わせしたのは、ただ売却するのではなく、「高価売却を目指しましょう」と。


当初調べた相場では、一般のエンドユーザーがそのマンションを購入する価格帯は900万円前後。

今回のマンションに関しては、一緒のエンドユーザーの方向けに売却をする前にプロの不動産会社に向けて水面下で売却を開始したのです。

水面下で情報をだすことにより希少性があがり、かつ、不動産会社も限定した中での情報と思い込みやすく、高い購入金額をご提示いただきやすいのです。

ただ、私は、不動産会社の方が「限定的な情報のため、買いやすい」と思い込んでいる間に他の不動産会社にもお声がけしていました。

不動産会社へのご紹介は、私だけが情報を囲い込むのではなく、他の仲介会社の方ともコラボレーション。

その結果、50社以上の不動産会社より購入金額をヒアリング。

もともとエンドユーザーで900万円前後で売却できるお部屋。

普通考えると不動産会社が買うのであれば、100~200万円くらい。

最終的には、大部分の不動産会社が500万円前後でした。

中には、管理費が高すぎるから買えないや1階部分は買いたくないという不動産会社も。

…が、1社だけとてつもない金額、1,000万円のご提示をいただきました。

エンドユーザーの購入価格帯より高い!

作戦通りでした。(^^)


不動産会社に不動産を買い取ってもらう場合、各不動産会社によってそれぞれ買取り金額が異なります。

つまり、不動産を高く買い取ってもらうためには、売却する不動産の特徴をよく理解し、そういった不動産を得意としている会社に試算してもらうようにしましょう。(^^)


そして、今日、そのマンションのお引渡しを無事に終えることができまさした。(^^)