困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

福岡県で見た超強烈な物件と絶品〇〇鍋!

みなさん、おはようございます。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、福岡県で超強烈な物件について。

昨日は、朝から物件調査のためなか横浜の自宅を朝5時前に出て、羽田空港へ。

福岡空港に着いたのは、9時少し前。

今回の調査物件は、福岡県糟屋郡宇美町の古家付き土地でした。


まずは、建物の築年数を調べるため、法務局に。

建物の閉鎖謄本は、その地域を管轄する法務局で取得が可能です。


続いて都市計画などを宇美町役場。

環境課では、調査物件が老朽化し、危険なため、特定空家に認定される目前であることを知る。

さらに建築基準法などを県の出先機関である土木事務所へ。

ちなみに土木事務所では、久しぶりに窓口の方が上から目線でした、残念…。涙


そして、ついに現地に到着。

建物の外壁が剥がれており、心なしか傾いている建物。


外壁の隙間から覗きこむと室内は、すごいことになっていました、まるでお化け屋敷のようでした…。

ひと言で言うと…超強烈な物件。


物件の近隣住民の方々も訪問し、ご挨拶。

近隣住民の方からは、風が強く日には建物の一部が飛んでくる、危ないから何とかして欲しい、と…。


最後に周辺の相場や不動産の動きをヒアリングするために近くの不動産会社を訪問。

すると偶然にもご対応くださった方が、私と同じく、以前、東急リバブルに勤務されていた方でした。

ご縁を感じますね。(^^)


仕事を終え、ホテルにチェックイン。

ホテルではまず、業務連絡。

それだけであっという間に1時間。汗


そして…お楽しみの夕食。

お店は、博多と言えばもつ鍋。

もつ鍋と言えば、もつ鍋ランキング上位の「やま中」。

高校生以下入店禁止の店内に入ると静かでお洒落な空間。


店員さんおすすめのみそ味のもつ鍋と地酒を注文。

お店の雰囲気もいいせいか、とっても上品な味。

濃厚なスープ、もつもすごく柔らかくて美味しい!

さすが人気店でした。(^^)


お腹いっぱいもつ鍋を食べた後は、お店があった「赤坂」駅からホテルがある「博多」駅ちょっと散歩。


天神の街は横浜の関内に、博多の街は新宿駅にどことなく、似ている。


さて、今日も仕事。

元気だして行きましょう!(^^)