困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

仕事と家庭の両立、お客様のご案内と娘の見送り

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今日は、娘の送迎のため、仕事を休み家族サービス。

…と、思いきや、朝一番で当社 売主物件に複数のお問い合わせをいただきました。

そのうちの1組のお客様からは「何とか今日、物件を見学したい」と。

娘の送迎のための休みのはずでしたが、娘と妻が出掛ける準備が遅かったため、お昼過ぎにお問い合わせいただいたお客様のご案内。

わざわざ当社にお越しいただくのではなく、現地集合、現地解散。

その方がお客様の負担にもなりません。

車が軽自動車しか駐車出来ない物件のため、お客様の印象は何とも言えない感じでした。


そして、自宅に戻り、仮眠をとり、娘の買い物に同行。


夜は羽田空港まで娘を見送りに。

娘は今回、夏休みに帰国した3週間を自宅でゆっくりとリラックスして過ごしていました。


妻とは、娘は「今年の5月に会ったときよりもだいぶしっかりしたね」と。

先ほど、空港で娘を送り出して、次回会うのは年末。

娘が自ら選択した留学。


親的にはちょっと、いや、かなり寂しいですが、娘の人生を妻と2人で精いっぱい応援していきたいと思います。(^^)


ただ、妻は、娘を見送った後、帰りの車の中で涙を流し、静かに泣いていました。

私はそれを見て、きっとこの寂しさが将来、楽しい想い出話になると確信しています。

だって、そうあって欲しいから。(^^)