困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

知っておきたい相続法の改正内容と懇親会でいただいた新たなご縁

 みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


 今回は、相続法の改正について。

 みなさんは、来年2019年7月1日(地域や内容により一部施行日が異なります)より相続法が改正になるってご存知ですか?

 今回、そのあたりについて神奈川県宅建協会 女性部会連絡会主催の勉強会があったため、参加してきました。

30分前に会場に到着すると…200名を超参加者が。

 聞くところによると募集人数以上に参加希望者の応募があったくらい関心の話題なのです。

 ちなみに女性部会連絡会が主催だからと言って女性だけではありません。

テーマは、「相続法の改正について」、講師は、扶桑第一法律事務所の弁護士 村松先生でした。


 今回の勉強会のポイントは、こちら。

1.配偶者居住権の導入

  被相続人が居住建物を遺贈した場合や、反対の意思を表示した場合であっても、配偶者の居住を保護することができる。常に最低6か月間は配偶者の居住が保護される。

  ※今までは居住が保護されず、配偶者が住む場所がなくなってしまうということもありました


2.長期間婚姻している夫婦間で行った居住用不動産の贈与等を保護。

  現行法とは異なり、原則として遺産の先渡しを受けたものと取り扱う必要がなくなり、配偶者は、より多くの財産を取得するこができるようになる。


3.相続された預貯金債権の仮払い制度の導入

  相続された預貯金債権について、生活費や葬儀費用の支払い、相続債務の弁済などの資金需要に対応できるよう遺産分割前にも払い戻しが受けられる制度を創設。

  ※現行法においては、遺産分割が終了するまでの間は、相続人単独では預貯金債権の払い戻しができませんでした


4.自筆証書遺言に関する見直し

  自筆証書にパソコン等で作成した目録を添付したり、銀行通帳のコピーや不動産の登記事項証明書等を目録として添付し、遺言を作成することができるようになります。

  ※財産目録には署名押印をしなければならないので、偽造防止対策にも


などなど…、約2時間みっちり勉強させていただきました。

やはり大切ですね、知識をつけるということは。


 勉強会の後は、女性部会主催の懇親会。

いつもの宅建協会の懇親会とは全く雰囲気が異なり、女性比率が高い?

 それにしても今回の懇親会はいつも以上に活気がありました、間違いない。

 懇親会では他支部の不動産会社の方とも名刺と情報交換をさせていただきました。

大切な新しいご縁ですね。!(^^)!


 明日は、逆に私がセミナーの講師をする番です。

ちょっと緊張しますが、参加いただくみなさんのためにも1つでも多くの知識を持ち帰っていただけるように頑張りたいと思います!(^^)

かなり手強い再建築不可物件と古家解体後の近隣挨拶

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今日は、静岡県伊豆の国市の再建築不可物件について。

先日お客様よりご相談いただいたことは、「静岡県伊豆の国市に相続で取得した再建築不可物件がある。借りてくれている方はいるものの、建物も老朽化しているため、将来、手放せるか不安で仕方がない。地元の不動産会社からも売却は難しいと言われてしまった。何とかならないでしょうか?」と。

そして、今日何とか時間を調整し、その再建築不可物件の現地に。

他のスケジュールの関係で横浜の自宅を出発したのは朝6時。

現地には朝8時過ぎに到着。

まずは現地を確認。


物件は、この細い路地を入ったところにある。

周囲に家が立ち並び、一見するとただ道路が狭いだけ。

物件は確かに老朽化が見られました。


その足で伊豆の国市役所と沼津土木事務所に行き、担当窓口と協議。

「何とか建替えさせて欲しい」と。

いろいろな見解から協議を重ねました。

…が、結果は「建替えは出来ません」と残念な回答…。

これでは、周辺の数軒も再建築不可。!(◎_◎;)

ひ、酷すぎる…。

お客様には、調査結果をフィードバックし、場合によっては当社で引き取らせていただきます、とも。

ただ、結構大変そうな物件であることは間違いない。


伊豆の国市の再建築不可物件の調査の後は、静岡県駿東郡清水町の土地の現地に。


こちらの土地は、当社がお客様から直接購入させていただいた難あり物件。

まずは古家を解体。

今日は、解体後の現地調査と解体で騒音などでご迷惑をおかけしてしまった近隣の方に菓子折りを持ってご挨拶。

販売開始までもう少しです。

売却活動をするのが、今から楽しみです!(^^)


夕方は横浜に戻り、宅建協会 横浜東部支部の役員会。

ちなみに今日の私は、議長。

役員会も滞りなく終了。(^^)

役員会の後は、支部での忘年会。

ほどほどに飲み食いし、一次会だけの参加。

事務所に戻り、仕事、仕事、仕事。

結局、今日の仕事が終わったのは23時過ぎ…。汗


なぜ、毎日こんなにも時間がないのか。

私だけ時間が進むの早い!?と、勘違いしてしまいそうな今日、この頃です。苦笑

あっという間の引渡しとちょっと変わった契約書

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、マンション仕入れの引渡しについて。

今日の午前中はマンションの仕入れの引渡しでした。

売主様をご紹介いただけたのは、私の東急リバブル時代の上司の方。

お互いにお引渡しの際の段取りを熟知しているため、10時からのお引渡しなのに9時50分に全ての準備が完了!

やはり大切なことは「段取り力」ですね。

売主様をお待たせすることもなく、ひと安心。(^^)


午後からは、引渡し物件の鍵の撤収。

会社に戻ってからは、契約書を作成。

作成した契約書は、山梨県北杜市の別荘と静岡県富士宮市の市街化調整区域の農地と農業用倉庫。

横浜の不動産会社なのに神奈川県の案件が意外と少ない…。苦笑

今日の新規の売却相談は、福岡県福岡市の建物の建築が出来ない農地…。


でも、お客様からご相談をいただいているということは、必要とされていること。

今年もあと僅か…なのに契約4件、引渡し4件、出張3件。

果たして年内に仕事を終えられるのだろうか…。汗