困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

不動産業界の悪しき習慣

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今日は、不動産業界の悪しき習慣について。

先日といっても月曜日に購入申込みをいただいた当社の売主物件。

火曜日の段階で今日が契約日、と。

ただ、時間がわからない…。

そのため、今日の午前中に不動産仲介会社の方にお電話をし、何時から契約ですか、と質問。

すると…14時からの予定、と。

今日契約なのに、今日時間が決まるの!?

ただ、14時から契約の予定なので契約書の雛形が不動産仲介会社から送られてこない…。

そして、契約書の1時間前にようやく送られてきた契約書。

不動産売買契約書リライト

何千万円もする不動産の契約のための契約書が、契約の1時間前に送られてくる。

これって普通ではない…。

ただ、不動産業界では往々にあること。

本当に不動産業界の悪しき習慣。


しかも、契約時に何を用意すればいいのかなどの案内なども一切ない。

ちょっと残念な感じ。


これは会社の大小ではなく、個人の問題。

しっかりしている方はしっかりと契約書も契約の数日前に送ってきて、必要書類の明細も添付されている。

当たり前のことを当たり前にできる方が少ない不動産業界…。

売買代金の大小ではありませんよね。


人の振り見て我が振り直せ。

私はそうならないように日々精進!(^^)