困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

所有者がいない空家と特定空家

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、横浜市の所有者がいない空家について。

当社が購入する戸建、その建物の登記簿には築年月が記載されておりません。

そして、よくよく調べてみると…戦前よりあったそうです。!(◎_◎;)

これをリノベーションをするから楽しみです。


ただ、この物件の隣には長年人が住んでいない空家があります。

いろいろ調べてみるとその空家、所有者がいません。

登記名義人の方がお亡くなりになり、その相続人の方もお亡くなりになってしまっている。

お子様もいなかったようで本当に誰も所有者がいません。

この空家、樹木が生い茂っている。

本来なら所有者に連絡をし、木を切っていただくのですが、所有者がいないとそもそも勝手に切れない。

そのため、横浜市役所に電話、「隣の空家を何とかして欲しい」と。

すると担当者からは、「区役所に相談してほしい」と。

区役所に電話はすると「行政では所有者を探し、所有者がいた場合に状態を良くするように勧告することはできますが、もし、所有者がいないときは、行政では対応ができない」と。

それでも何とかしようとすると利害関係者から数十万円かけて財産管理人の申立てを行うしかない。

でも、隣の家のことで、なぜ自分が費用負担するのか、という気持ちになってしまう。

そろそろ法整備しないといけないんでしょうね、これから空家が増えるのは間違いないので。


ちなみに区役所の担当の方に隣を特定空家として認定してもらえないか、と言いましたが、担当者からは「横浜市には特定空家がありません。しかも、大きく傾いていたり、倒壊寸前でないと特定空家としては指定できません。」とのことでした。


空家問題、いろいろ手間がかかりそうです…。苦笑