困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

長屋に区分所有法?

みなさん、こんばんは。
難あり物件コンサルタントの田中です。


今日は、長屋と区分所有法について。
まず、長屋とは隣の建物と建物同士がくっついており、一体として建築確認を取得したものや建物が一体で登記がされ、その中に複数の所有権を有する部屋があるものを言います。
一体として建築されてはいるものの、内部は複数の所有権に区分されているもの。
そして、このように一体の建物を複数の所有権に区分されているものは、その所有権を所有する者みんなで建物とその敷地を共同で管理していきましょう、という法律を区分所有法といいます。
区分所有法が適用される代表的なものは、分譲マンション。
分譲マンションは、大規模修繕や建替えなどをする際には一定割合以上の承認がないと工事ができません。
これが実は、長屋などにも適用される場合があります。

当社が管理している静岡県の長屋。
こちらも区分所有法が適用されます。


ただ、隣の建物の所有者に連絡しようにも連絡がとれません…。
ということは、大規模修繕等しようにもできない…。
区分所有法、いい面もあるのですが、そうでない面もあります。


長屋やテラスハウス、まめにメンテナンスをしてあげることで大規模修繕がいらないようにする、これも将来の不動産トラブルを未然に防ぐ防止方法ですね。(^^)