困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

不動産には価格がつけられない貴重なものがあるって知ってました?

みなさん、こんにちは。
難あり物件コンサルタントの田中です。


 今日は、価格がつけられない貴重なものについて。
 今日の午前中にお打ち合わせをさせていただいた横浜市港南区のお客様。
現在、お客様のおじい様がご所有の不動産が接道問題により、建替えができるのかどうか、とご相談をいただきました。
 そして、事前に私のほうで市役所の建築指導課、建築士の先生2人よりお聞きした内容をご報告させていただきました。
結果的には接道に問題はなく、建替えができる土地でした。(お客様もご安心されていました)


 今回のお客様のご相談地は、おじい様がご所有されており、そのおじい様は施設にご入所されている、とのことでした。
 その不動産は築50年が経過しており、老朽化のため、ところどころに雨漏りや不具合がみられるにもかかわらず、お客様とご親族の方がそれを直しつつ、現状を維持されているようでした。
 そして、お客様に「この不動産をどうされたいのですか?」とお聞きしたところ、お客様は「祖父が生きている間は、売却せずにみんなで維持していきます。祖父は正直、施設から戻れるかはわかりませんが、祖父も生きている間は帰る家があることをきっとを望んでいます。それにこの家は昔から、私たち家族の長年の想い出が詰まっている大切な実家だから」と。

 確かに、不動産にはたくさんの想い出が詰まっていますよね。
 今回の不動産は、昔おじい様が一生懸命働いて、何とか購入した夢のマイホームでした。
 そこには何代にも続くたくさんの方の想い出があり、今回のお客様はそれを守り続けている。
なんだか、心がジーンとしました。


 不動産をすぐに売却し、お金にしたい、と考えている方が多い中で、今回のお客様のように売却し、お金にするのではなく、大切に「家」を守り続けているお客様がいる。
 なんだか、応援したくなってしまいます。
そして、応援します!
 不動産には価格がついても、その不動産に詰まった大切な想い出は、価格がつけられない貴重なもの、まさにプライスレスです。


 今日はこの後、夕方にも想い出のたくさん詰まったご実家を売却せずに活用したい、というお客様との打ち合わせです。
 何だかやりがいのある仕事をしているな~、って自分でも思っている今日この頃です。