困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

不動産は動かせませんが、電柱は動かすことがある不動産売買

 みなさん、こんにちは。
難あり物件コンサルタントの田中です。


 今回は、電柱の移設について。
 先日、ご契約いただいた横浜市神奈川区の不動産。

 その不動産の前面道路にはベストポジションに東京電力の電柱があります…。
そのため、先日買主様より電柱が目の前にあるのは防犯上も景観上も良くないため、移動してほしい、と。


 実際にこういったお話ってないようで意外とあります。
そして、動かせないと思われているかもしれませんが、電柱も移動できることが多いのです。
 電柱を移動するためには、まず現地で電柱の番号を確認します。
続いてインターネットで「東京電力パワーグリッド」のホームページより電柱移設の申込みを行い、後日現地調査を行います。
 電柱の移設については、電線の張り具合により移動できる場所に制限があります。
また、他の方の敷地の目の前に移動するときにはその関係者の方からの承諾も必要です。


 さらに…電柱移設には工事費用がかかる場合があります。


 ま、でも、電柱移設のための一番のポイントは近隣の方からの承諾ですね。
うまくいくこともあれば、近隣の方に反対され、不調に終わることもあります。


 私も過去に電柱を移動したことや2本の電柱を1本にしたこともあります。
まずはチャレンジするかどうかです。!(^^)!


 今日は、朝一番で鎌倉市の難あり物件購入のためのプロジェクト融資のため金融機関で金銭消費貸借契約の締結。
その後、前述の電柱番号の確認をし、11時~13時まで神奈川区スポーツセンターで月1回のバスケットボールでした。

 積水ハウスグループの方との練習試合。
あっという間の2時間でした。
 爽快な汗をかき、気持ちと体をリフレッシュ!
やっぱりバスケっていいですね。!(^^)!