困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

価格変更後にさらに300万円も値引き!?不動産会社が価格交渉を知る方法

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、不動産会社が価格交渉できる金額を知る方法について。

当社には、マンション、土地、戸建、収益物件を売りたいという不動産会社からのメールやファックスが毎日たくさん届きます。


中でも特に早く売りたい物件は、このように…。

3,540万円から3,390万円に価格を変更したばかりにもかかわらず…300万円指値可、と。


ちなみにこの「指値」というのが、価格交渉という意味。

ファックスの物件は、150万円価格を下げたけど、あと300万円なら価格下げられますよ、ということ。

このファックス、つまり情報があるかないかで、お客様的にはリーズナブルに購入できるのか、相場よりちょっと高く購入してしまうのかが決まります。


しかし、この物件、私が言うことではありませんが、こんなにも価格を下げて大丈夫なのでしょうか?

早く売却できることを祈ります。


そして、今日は静岡県出張から戻り、怒涛の仕事量でした。汗


茨城県坂東市の市街化調整区域の分家住宅の売買契約書の作成に、売却物件へのお客様からのお問い合わせ4件、そして…新規の売却相談4件。

それも…横浜市保土ヶ谷区の投資用のマンション1部屋、沖縄県石垣市の無道路地、埼玉県川口市の連棟式建物(長屋)、横浜市都筑区の分家住宅。

どれも手がかりそうな物件ばかり。苦笑

そこに当社の存在意義があると思い、明日も埼玉県川口市の再建築不可物件の調査頑張ります!(^^)