困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

子どもに「煩わしいアパートの管理」をさせたくないと思ったお客様がとった行動

 みなさん、こんばんは。
難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、アパートの管理について。
先日、ユーザー様よりご連絡をいただきました。

その内容が「私が所有している自宅兼アパートについて娘と相談しました。アパートの管理は、何かと煩わしいことが多いうえに実入りが少ないので娘には相続させたくありません。どうしたらいいのか?」というものでした。
そのため、お客様とお会いして、どういった方法がいいのか、一緒に模索しました。
アパートは、確かに管理で煩わしいことがあるのは否めませんが、収益はあがります。
いろいろと考えた結果、建物の築年数が経過し、老朽化してきているため、修繕費用がかかること、これから人口減少が進むとアパート部分の空室が更に増加することを考慮し、お買換えすることに。
ちなみに現状でも空室があります。


自宅兼アパートを売却し、その資金でマンションを購入。
お客様に万が一の時には、お嬢様がそのマンションを相続することに。
そのため、お買換え先の不動産は将来、売却や賃貸の可能性があるため、価値が下がりづらい物件をお勧めします。
あるんです、価値が下がりづらいマンションは。


今日のところは、具体的な売却に向けての準備として新築時の建築図面と賃貸借契約書をお預かり。


ここのところ、パンプキンショック(かぼちゃの馬車騒動)やスルガ銀行の不正融資が世間を賑わせているため、投資用不動産は、融資が受けづらい状況に…。


そこは、販売方法を工夫して、お客様にとって、より良いお住替えができるように頑張ります!(^^)


夕方は、茨城県の石岡駅で新規事業についての打ち合わせ。
初めて挑戦する分野のため、知らないことばかり。
でも、勉強になりますね。(^^)