困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

通路とお金と気持ちの話

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今日は、通路の話。

ここでいう通路とは、建築基準法上の道路ではない私有地のこと。

本日、お引渡しさせていただいた戸建ですが、先祖代々の土地で、相続が起こるたびに土地が分割されてきました。

そして、今、以前の分筆方法が問題となり、該当物件が道路に接道しなくなってしまいました。

そのため、道路のにでるためには第三者の通路を通過しなければなりません。


通路部分の所有者は、今回の接道していない戸建の所有者の方のご親戚の方でとても感じの良い方でした。

それでいろいろ通路についての取り決めを通路部分の所有者の方、売主様、私で協議をしました。

今までは、通路部分の取り決めがされていないため、全てがなぁなぁで決められてきました。

今後はそういったことがないように、買主様に迷惑がかからないように通路に関しての取り決めをしたのです。

まずは、通行地役権の設定と合意内容を公正証書に。

今まで通路の通行料の授受はありませんでしたが、これを機に通行料の支払いについても明記。

通路の所有者の方も今まで無償で通行されてきたのにしっくりきていなかったようだったため、そこはこのタイミングで双方の主張を調整。

今回は通路の利用方法、利用料、お気持ちについてもしっかり協議を重ねたのでバッチリ合意に至りました。


そして、無事にお引渡しも終えることができ、ひと安心できました。


午後は茨城県潮来市(いたこし)の物件の下見。

車を走らせながら見る街並みはどことなく、元気がありませんでした。

コンビニやガソリンスタンドは閉鎖され、今にも倒れそうな空家がたくさん目につきました。

これからはもっと空家が増えると思うとちょっとばかり、不安になりました。


下見の後は、少しだけドライブ。

鹿島神宮まで。

入り口からのパワーを感じます。


平日だったため、空いていました。

神々しい雰囲気がたまらない。


家族の健康と商売繁盛を祈念してきました。


そして、帰りがけに近くの老舗御菓子屋 丸三老舗にてお土産を購入。

和菓子好きな妻と娘に。

味は、さすがに老舗、とってもおいしかったです。

妻も絶賛でした。(^^)


茨城県潮来市、横浜にある当社から約130km。

果たしてあと何回潮来市にいくことになるのか…?