困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

最近の買取、売却相談の特徴

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今日は、最近の不動産の買取・売却相談の特徴について。

9月にはいると8月以上に売却相談や買取相談が増加します。

理由は、不動産仲介会社の営業マンの方がなんとか9月中に契約をして、数字の上乗せをしたいという考えからです。

そのため、当社所有の物件にもお申込みを複数いただいております。

このままでは、在庫がなくなってしまうのではないか、と若干心配なくらい。

とは言え、毎日お客様からの直接の買取依頼や売却相談、不動産仲介会社の方からの買取依頼をいただいております。

皆様に気にかけていただけているということに感謝です。


そして、ここのところ、買取・売却相談の潮目が明らかに変わってきています。

実際にどう変わってきているのかというと…大部分が遠方のどうしようもない物件を手放したい、というもの。

例えば、山梨県の山と農地。

他にも香川県の住宅地、神奈川県横須賀市の車が入らない貸宅地(底地)と住宅地、横浜市戸塚区の住宅地、横浜市南区の変形地、東京都北区の道路下の借地権付建物、千葉県柏市の戸建、愛知県あま市の市街化調整区域の再建築不可物件、埼玉県さいたま市の車が入らない再建築不可の土地…などなど。

ちょっと昔は、リフォームをすれば売れるという手があまりかからない物件でしたが、ここ最近ではほとんどが難あり物件のため、とにかく物件を商品にするまでにひと苦労も、ふた苦労も必要。

事業を成功させることに不動産業界の面白みがあるのですが、決して楽ではありませんね。


今月は、栃木県那須町の別荘地内の土地、静岡県焼津市の住宅地の土地、横浜市神奈川区の私道の持分のみ、横浜市港北区の狭小物件の契約があります。

来月は、すでに静岡県静岡市の半壊している土地の持分+建物、横浜市港北区の山の上の貸宅地(底地)の契約が。

ゆっくり休みたいのですがなかなか休めない。

娘の誕生日くらいはしっかりと休ませていただきます。