困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

売れないで困っている田舎の土地の処分方法

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、田舎の土地の処分方法について。

先ほど少し調べもののため、ネットサーフィンをしていたところ、Yahoo!知恵袋に行き着き、ちょっと内容をみていました。

ま~、不動産についての問題が多いこと、びっくりです。

その中で気になったのが、「田舎の土地が売れない」、「田舎の土地の処分方法に困っている」というもの。

そして、その質問に対してのコメントを見ていると…残念ながら、結構いいかげんなコメントが多い。

それは、それでプロの不動産コンサルタントのコメントではなく、一般の方のコメントが多いため仕方のないところ。

コメントは、「行政に寄付してしまえばいい」、「農業委員会に引き取ってもらう」、「売れないので持ち続ける」といったもの。

まず、行政は引き取ってくれませんし、農業委員会も引き取りません。

ただ、農業委員会は、知り合いの方に口利きはしてくれるかもしれませんね。

売れないで持ち続けるというのは、何も解決していません。

その田舎の不動産を子どもに相続させたくないのであれば、極論は、生前に資産を移動し、相続人全員がそうぞくほうきをするという方法もあります。

ただ、資産の移動が発生するため、あまり得策ではありません。


日本全国の難あり物件を売却している私としては、田舎の土地を処分するには地道に売却活動をするのが一番。

実際にAさんには不動産がいらなくても、Bさんはその不動産をお金をだしても欲しい、なんてことはよくあります。

個々の不動産に対する需要や考え方、使い方はお客様によってそれぞれ異なります。

もし、普通に売却することが難しいようであれば…誰かに「お金をあげるから、この不動産をもらってください」というのもいいかもしれませんね。

実際に私のお客様では不動産を処分するためにそこまでお考えになり、行動をされている方もいます。


バブルのときの不動産神話はとっくに崩壊しています。

現代では必要な不動産を必要な面積だけ持つことこれがトレンドになっています。

売れない不動産を誰が最後まで持ち続けるか、負動産のババ抜きはすでに始まっています。