困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

不動産を購入いただくときに必ずお願いしていることと娘の卒業式

 みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


 今回は、不動産を購入するときに必ずお願いしていることについて。

それは、「現地を見て下さい」です。

 先日、静岡県伊豆の国市韮山山木で販売中の1万円の土地にお客様より1件のお問い合わせをいただきました。

後日、お客様にご来店いただき、物件資料をお渡ししました。

 そして、今日、そのお客様よりお問い合わせいただいた「伊豆の国市韮山山木の1万円の土地を購入したい」旨のお話をいただきました。

 そこで私がお客様に「現地はご見学されてますか?」とご質問。

 するとお客様は「現地は見ていませんが、購入したい」とのことでした。

 お問い合わせいただいた物件は、現況雑木林となっており、道路からも一段低くなっている部分があり、かつ、重機を使わなければ移動できないくらいの大きな岩が3~5個ある土地でした。

 さらに別荘地の土地のため、土地の使用の有無にかかわらず、毎年管理費がかかってしまう土地でした。


 そのため、私はお客様に「今回の土地を見ないで購入するというのはリスクがあります。まずは現地をご確認ください。売主様も現地を見ていないお客様に売却いただけるかどうかわかりません。」とお伝えさせていただきました。

 もし、現地を見ないで購入してしまったら、購入した後に現地に行き、イメージが違ったから契約を解除したい、と言ってもできません。

 さらに永遠に続く、管理費の支払い義務まで生じます。

 つまりは、不動産を購入するときには当たり前ですが、現地をご見学いただくようお願いいたします。


 …と、お客様との連絡をしながらも、今日は娘の中学の卒業式でした。

そのため、仕事は一時的に休み、卒業式に参加。

 無事に式も終わり、娘も中学を卒業したんだ~、と実感。

私の中学時代より、娘の方が明らかにしっかりしている…。

 そんな中、娘が中学のときにとっても仲良くしていたお友達のお父さんが私と同じ不動産業界の方で、過去に何度も連絡を取り合っていた方でした。

まさか、娘の親友のお父さんが、私の仕事関係で繋がっている方だったなんて…世間って本当に狭いですね。


 卒業式の後は、息抜きのために家族で映画鑑賞。

映画はミュージカル映画で「グレイテストショーマン」。

 感想は、とても明るく、楽しくなる映画でした。

ポイントは「輝こう!」です。

本当にいい映画でした。

みなさんも、ぜひ。


 明日は、今日の分も取り戻すべく、仕事。

大宮からスタートです!