困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

たまにある、物件の下見で「つらい」と思うこと

 みなさん、こんにちは。
難あり物件コンサルタントの田中です。


 今回は、物件の下見で「つらいな」と思うことについて。
 今日の午前中は、明日の静岡県掛川市のご契約のために横浜市瀬谷区にある売主様宅を訪問しました。


 そして、その足で横須賀市の物件の下見。
目的は、当社で購入するかどうか、もし、物件が厳しいようであれば、その処分をどうするか、というもの。
 その物件は、横須賀市の「田浦」駅から20分くらいのところで、地図で見る限り、周辺の道路は狭そうでした。
 そのため、車を田浦駅近くのコインパーキングに駐車して、徒歩で現地に向かうことにしました。
すると…すぐに坂道が始まり…上ること、上ること。


 最終的に横須賀市で一番標高が高いのではないか、というところまで上がってきてしまいました…。

 そこで撮影した写真がこちら。
遠くに海が見えます。


 そして、何とか物件に辿り着くことができました。
 ただ、20分間坂道を上り続けたため、足がガクガク。

 物件の室内には残置物が大量にあり、床が腐食しており、フワフワしていました。
ただ、道路も狭く、坂道のため、普通車の乗入れは困難。


 横須賀市って、こういった物件が本当に多い。


 当社での買取りは…。
 どんな難あり物件でも比較的購入していますが、坂道は…、坂道だけは…。
せめて普通車が普通に進入し、駐車できるくらいの車庫があればいいのですが。


 どんな物件も下見が楽とは限りません。
今回は、ちょっとつらい物件の下見となりました。
きっと今回の物件に車で来ていたら大変なことになっていたかもしれません。


それでも何とかしなくては、ご所有者様のために、この不動産を。