困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

会社がつくるもの掛川市で食べるナイスな海鮮丼!

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、会社がつくるものについて。

いつも出張が多い私。

電車移動の時は、その時間を有効に使うために読書。


みなみに昨日は、横浜から大宮までの間、読書。

読んだのは、浜口隆則さんという方が書いた「戦わない経営」。


内容は、難あり物件ばかりを扱っている当社には、ぴったりのものでした。

目指すのは、オンリーワン!(^^)

その中で記載されていたこと、それは「会社は幸せをつくっているもの」で、「社長は幸せの専門家」と。

なんだかいい表現ですね。(^^)


今日は、といと朝6時に横浜の自宅を出発し、車で向かった先は静岡県掛川市。

片道220kmは、さすがにハードです。

居眠り運転をしないように途中、パーキングエリアで小休憩。


そして、10時に掛川市にある銀行に到着。

今年3月にご契約いただいた土地の残代金・お引渡し。

隣地の農地を所有している方よりうちの農地も処分して欲しい旨のご依頼があり、農地法の許可を取得し、売買。

一方、隣地の方が境界立会いに協力していただけなかったり、いろいろと大変でした。

…が、売主様の売却したいという願い、買主様の夢のマイホーム建築の夢、お隣さんの使っていない農地を処分したいという願い、今回の案件で全て叶えることが出来ました!(^^)


少しずつではありますが、世の中の不動産の問題に一生懸命取り組み、解決し、お客様幸せにする会社、それが当社 リライトです。(^^)

そして、今日も一歩、幸せの専門家に近づけた、かも。(笑)


お引渡しの後にはいつも前を通ると人が並んでいるお店、鮪屋みやぎにてお楽しみランチ。

魚屋さんのつくる海鮮丼はやっぱり違いますね、鮮度が!

う、うまい、ナイスな海鮮丼でした~。(^^)

やはり静岡県の魚介類は最高です!