困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

難あり物件専門会社に来る買取依頼は、やっぱり難あり!?

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、難あり物件を得意とする当社に来る買取相談について。

ちなみにここ数日で買取査定が増加傾向にあります。


埼玉県の市街化調整区域の農地、難ありですね~。


まずは、横浜市内のエレベーターがないマンション5階、売却しづらいですね~。


神奈川県伊勢原市のバス便エリアにある市街化調整区域の農地と宅地、難ありですね~。


横浜市内の建ぺい率40%、容積率80%で面積58m2の狭小土地、難ありですね~。


神奈川県相模原市の崖地、難ありですね~。


横浜市内の賃貸中の再建築不可物件、難ありですね~。


他にもたくさんの買取依頼が。汗

やはり難あり物件を多数取り扱っている当社には、難あり物件の買取依頼が多い!苦笑


そして、今日の日中は群馬県草津町の別荘地内の崖地のご契約。

その土地は川のほとりにあり、崖地というより急傾斜地でさした。

それでも売主様は手放すことができ、買主様はツリーハウスを建築するための土地を取得するでき、喜んでいただけた様子でした。


かなり特殊な物件でしたが、無事に売却することができ、ひと安心です。(^^)


明日は静岡県伊東市、伊豆の国市の別荘地内の土地、明後日は埼玉県上尾市の再建築不可物件の売却のご契約。

時間は、いくらあっても足りませんね。苦笑