困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

お客様が難あり不動産を1円で売却され、得られたもの

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、1円でも難あり不動産を売却されたお客様のお話。

今日は朝から神奈川県相模原市のお客様のご自宅を訪問。

その理由は、お客様がご所有されている難あり不動産を当社で購入するため。

何が難あり不動産なのかというと、まずその不動産は市街化調整区域にあり、建築基準法上の道路に接道していない、つまり建築不可物件であるということ。

さらに…隣の土地を使っている方が今回の土地も長年無断占有している…。

境界標も不明…。


売主様は、ご高齢のため、「この難あり不動産を子どもに残したくない」と。

ただ、売主様が当初ご相談された不動産会社の方からは、「うちの会社では、売却が難しい」と言われてしまったそうです…。


そこで売主様のお子様より当社にご相談をいただき、いろいろ検討させていただいた結果、当社で購入させていただくことにしました。

それは、会社の利益のためではなく、お客様のために。(^^)

売買代金は、1円。


そして、売買契約締結後に売主様より「やっと不動産を手放すことができました。安心しました。ありがとうございました。」と。

今回の売主様は難あり不動産を1円でご売却されましたが、それと引き換えにお子様にこの不動産を残さなくてもよいという「安心感」を得ることができたのです。


ひと昔前は、不動産は資産であり、ステータスでした。

ですが、現在においては資産ではない不動産が世の中に溢れかえっています。

さて、これから本日お譲りいただいた難あり不動産の問題解決をしなければなりません。

正直大変そうですが、ワクワクもします。(^^)

少しずつですが、引き続きお客様の不動産に対する不安を安心にかえていきたいと思います。(^^)