困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

不動産のよろず相談と格安物件の内覧会とテレビタックル

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、不動産のよろず相談について。

当社には私のブログをご覧いただき、同じような不動産のお悩みをお持ちのお客様よりご相談をいただきます。

そして、昨日はお客様のご来店によるよろず相談が2件。


1件は、「終活し始めた父から明かされたショッキングな出来事」。

お客様のお父様がご高齢になり、終活を始められたそうです。

そのお父様が何やら神妙な面持ちでお客様にお話しされたこと、それは「今まで言えなかったのだが、昔、投機目的で購入したどうしようもない土地がある。このままでは、相続してもらうことになる」と。

その土地は、千葉県ねバス便エリアの間口が2mの旗竿地。

そのことを聞いたお客様は、その土地を相続したくないため、早く処分したい、ついては難あり物件の売却方法を教えて欲しい、と。

もちろん、私はお伝えしました、難あり物件の売却方法をね。(^^)


2件目は、私道トラブルを抱えているお客様。

もともと私道所有者の方とは仲が良かったそうですが、ちょっとしたボタンのかけ違いで険悪になってしまったそうです。


そのため、私は私道所有者の方とお話しする方法を伝授。

それを聞いたお客様は、安心した様子でした。(^^)


昨夜は、建築士会の方がご来店され、取材。

取材内容は、「変わった不動産会社」ということ。

約2時間くらいお話しをして、その後一緒に食事をすることに。

当然ですが、建築士の方は不動産業界の方とも視点・考え方が異なるため、お話しをしていてとても勉強になりました。(^^)


そして、今日。

早朝に横浜の自宅を出発して、山梨県北杜市に。

目的は、今日のお昼の番組 テレビタックルで格安物件と放送された物件の内覧会。

朝10時から午後3時まで。

良かった~、天気が良くて。(^^)


それにしてもテレビタックルの影響はすごいですね。

放送時間のCM中にお問い合わせをいただきました。


格安物件を探して欲しい、再建築不可物件を売却したい、難あり物件を手放したい、などなど。


昼食を抜いて現地につきっきりだった私。

内覧会の後は、近くのお店で山梨県名物のほうとうを。

内覧会で冷え切った体をほうとう食べて暖める…と、思いきや、ほうとうの予想以上の熱さに口の中が火傷状態。苦笑


山梨県北杜市の格安物件の売却案件は、ボランティアで売主様のためにお手伝いしていますが、たまには内覧会でゆっくりした時間を過ごすのも私にとってはいいかもしれません。


そして、多くの不動産会社から売れないと言われたこの格安物件、私が必ず売却してみせます!(^^)