困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

別荘地の空家で見かける恐怖の◯◯と白河ラーメン

みなさん、こんばんは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、別荘地の空家でみかけるものについて。

先日お取り引きさせていただいた福島県白河市の別荘地 関の里。

売主様のご紹介で隣の方も売却を検討している、と。

そのため、今朝は6時前に横浜の自宅をでて、いざ白河市へ。

途中、ドライブインで仮眠をし、現地に到着したのは9時30分頃。

物件がこちら。

一見するといい雰囲気の別荘。

ただ、よく見ると…。

ウッドデッキが腐っていたり、軒下が剥がれ落ちていたり、床下の板も落ちてしまっている…。


玄関周辺は、カビで色が変色してしまっている。

やはり戸建は、メンテナンスが命。


そして、恐る恐るこの別荘の玄関を開けると…。

玄関扉の上から大量のカメムシが!?

室内にもどこからはいったのか、カメムシが…。

大人になってからというもの、昆虫系が全く触れなくなってしまった私。

昔は虫かごを持って、いろんな昆虫を取りに行っていましたが、今となっては触れない。苦笑

特にカメムシは、あの強烈な臭いが…。

今回はそこまでではありませんでしたが、中にはカメムシハウスと言っても過言ではない戸建も多数。


こちらの物件をお客様にご見学いただき、売主様にご報告。


そして、お客様のご案内を終えた私はお楽しみのランチタイム。

せっかく福島県白河市に来たのでランチは、手打ち中華すずきで白河ラーメンを。

お昼前なのにすでに行列。!(◎_◎;)

でも、味は確か。

手打ち感満載の面に黄金色に輝くスープ。

もっちもちの麺は、最高でした~!


そして、横浜の事務所に戻り、夜はご契約。

往復500kmの距離は正直ちょっとしんどかったです…。

次回はもう少し時間に余裕を持っていきたいと思います。(^^)