困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

田舎のお荷物不動産をどうしようかお悩みの方へ

 みなさん、こんばんは。
難あり物件コンサルタントの田中です。


 今回は、私がご対応させていただいたお客様のご相談事例について。
 そのお客様は、高知県室戸市室戸岬町というところに何十年も使っていない土地を2か所ご所有されていました。

 こちらが1つ目の不動産。
はっきり言って使い物になりません。
 しかも、台風の日にはガラが近隣の家に飛んでいってしまいます…。


 こちらが、もう1つの不動産。

隣の電気屋さんが無断で使用していました…。


 この不動産は、毎年固定資産税などの維持管理費がかかっており、完全にお荷物不動産となっていました。
 しかも、相続に相続が続き、共有者が10名以上…、共有者同士の連絡先もわからない…。
 でもこういったことって結構あります。
 不動産の相続は、共有にすればいい、な~んて考えている方は本当にお客様のことをお考えかと疑問に思ってしまいます。
 
 そして、この売れるのかわからない不動産、お客様の「このお荷物不動産を子供に絶対に相続させたくない」というお客様の熱い想いに心を打たれ、お手伝いをさせていただくことにしました。
 そして、人口減少、少子高齢化、空家増加と不動産需要がほとんどない中で工夫をし、無事に売却をすることができました!
 今回も相場のないところに相場をつくってきました!


田舎のお荷物不動産をどうしようかお悩みの方はこちら。