困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺

 毎年増える売れない困った不動産、ワケアリ物件に対処すべく、特殊なノウハウを駆使し、北は北海道、南は沖縄県まで実際にご相談いただいたことや不動産トラブルにならないための方法、ノウハウを掲載しています。日々、私には他社さんで売れない不動産と言われてしまったお客様からのご相談をいただき、実際にそういった負動産を売却しております。そのため、「困った不動産・ワケアリ物件の駆け込み寺」となっております。こちらのブログにはその駆け込み寺への実際にあったご相談について掲載させていただいております。

分家住宅売却に向けての事前協議とバンクーバーの街並み

みなさん、こんにちは。

難あり物件コンサルタントの田中です。


今回は、分家住宅の売却について。

先日、お客様よりご売却のご相談をいただいた千葉県の分家住宅。

お客様は、もともと不動産会社に買い取っていただく予定だったそうです。

最終的には諸事情により、不動産会社が買い取ることはなくなってしまったそうです。

もし、不動産会社がその分家住宅を購入していたら、その時点で分家住宅が違法状態となってしまったため、その点においては不幸中の幸いだと思います。

そして、当社にお問い合わせをいただいたのですが、分家住宅はルーツと今までの権利関係・使用方法がポイントとなります。

そこでその内容について、分家住宅に詳しい行政書士の先生とタッグを組んで、分家住宅を第三者でも使えるように、と行政と再三、再四協議を実施。

分家住宅が第三者の方でも使用できるようになること、それはその分家住宅が売りやすくなること、つまりは高く売れることになります。

最終的には第三者の方でもその分家住宅が使えそうなところまで協議を進めることができました!


来月より具体的に御売却に向けて動き出します!


私は、昨日より6日のお休みをいただき、家族サービス。

今回は特別な意味があり、家族でカナダに。

成田空港を17時頃に出発し、カナダの空港に到着したのは、夜中の1時半。

飛行機に乗っていた時間は8時間半…、さすがにちょっと辛かったです。苦笑


でも、飛行機からカナダが見えた時は、ちょっと元気がでました。


カナダは日本時間–16時間…。

早速の時差ボケと戦いながら、スカイトレイン(電車)に乗車。

こちらがスカイトレインから見えたバンクーバーの街並み。

初めてのカナダ、初めてのバンクーバー、なんだかドキドキ、ワクワクです!